確定拠出年金のメリットとデメリット

確定拠出年金のメリットは、何といっても多くの税制優遇措置を受けられることです。

掛け金は非課税の対象であり、個人型に加入している方なら所得税や住民税を減額させることができます。


また、運用によって得た利益(利息・配当金・分配金・売却益など)もすべて非課税になります。一般的な定期預金や投資信託では所得税・復興特別税により利益のうち20.315%が税金として差し引かれるので、得られる利益率は高くなりますし、確定拠出年金ですと定期預金・投資信託に運用する資金の配分も同時に、そして簡単に管理することができます。
更に、受給する時点でも年金受け取りの場合なら公的年金等控除の対象に、一時金受け取りなら退職所得控除の対象になります。

逆にデメリットとしては、受給可能年齢(一般的に60歳以上)になるまでは原則として資金を引き出すことができないことです。定められた障害を負ったとき、死亡時には受給することもできますが、あくまでこれは特例ですし、何より加入者自身が健康な状態でない・死亡しているという問題が付きまといます。

また、最も大きな問題が運用によるリスクを負うことです。本来掛けていた金額よりも、少ない資金しか支給されない可能性もあります。
しかし、確定拠出年金は数十年に渡る長期運用を想定したものです。元本割れの危険がある投資信託も、数年単位の短期間運用では利益・損失の浮き沈みに左右されリスクが高まりますが、数十年単位の長期運用になるほど全体的な浮き沈みの幅は小さくなると言われています。

長い目で見たときのローリスク・ハイリターンをメリットと取るかデメリットと取るか。それは、運用者自身の考え次第なのです。