確定拠出年金が導入されたわけ

何故、確定拠出年金という制度は生まれたのでしょうか。

それは、将来を見据え一人ひとりが自己責任でお金を運用し、老後の積み立てを行えるようにすること。これこそが、確定拠出年金が導入された元々の理由なのです。

従来型の企業年金である確定給付年金制度は、企業にとって非常に負担がかかるものでした。
確定給付年金では、企業が払う掛け金に応じて退職後に支給される年金が毎年固定されています。言い方を変えれば、「在職中にこれだけの掛け金が掛けられたのだから、退職後にはこれだけの額を最終的に支給しなさい」というルールが定められているのが確定給付年金制度です。

この際、年金を運用するのは企業であるので、運用に失敗して不足分が出た場合は企業がその不足分を補わなくてはなりません。
また、会社の業績も毎年上がり調子という保証もありませんし、退職前の掛け金も従業員それぞれですので、支給する年金を準備するのも計算するのにも非常に手間がかかります。最悪のケースは、企業に何らかのトラブルがあり年金そのものが貰えない場合があるということです。

そこで登場したのが、確定拠出年金という制度です。
確定拠出年金の運用者は掛け金を掛けられた従業員自身。企業は従業員の在職中に定められた拠出金を出すだけであり、掛け金を増やすも減らすも責任者は運用者である従業員自身になりますので、企業の負担はぐっと少なくなります。

また、確定拠出年金は自営業者・企業年金がないサラリーマンでも加入することができます。もちろん、運用者は加入者自身。
そのため、従来ではリタイア後に年金を積み立てることができなかった人でも、確定拠出年金によって老後のプランが立てやすくなったのです。